レジ裏で商品を入れ替えて売りつける中国の鮮魚店の女性店員の早業に驚愕!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

魚の量り売りをしている中国の鮮魚店で撮影された驚くべきいかさまをとらえた映像をご紹介します。カウンターの裏で商品を入れ替えることで、利益を増やす狙いがあるようです。

Sponsored Links

客の前で魚の重さを測る女性店員。ところが袋に魚を入れる際に、あらかじめ用意されていた袋と交換します。交換した袋はカウンターに並べられていきます。

量り売りのため量が減らば店側が儲かる仕組みで、女性店員は客の前で魚の重さを量ることで安心させ、そのうえで交換して利益を上げているようです。また売れ残った鮮度の悪い魚を、鮮度の良い魚と交換している可能性もあります。

この方法でだまそうとすれば、あらかじめ客が買う魚を袋に入れておく必要があり、さらに客が買う魚の量より少なめに袋に入れておく必要があるため、非常に難しい技と言わざるを得ませんね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際, 技術・実験, 経営・経済 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)