原始的な道具だけで粘土を使った繰り返し作れる木炭窯と木炭を大量に作ってみた!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

原始的な道具だけで生活をしている男性は、木材を粘土で覆って不完全燃焼を起こすことで木炭を大量に作りました。一度焼いてしまえば粘土が窯となり再利用が可能です。

Sponsored Links

大量の木材を隙間なく積む男性。積み上げた木材の周囲を粘土で覆いました。

粘土が乾いたところでいくつかの穴を空け、そこに火を入れて中の薪を燃やします。

薪が燃えて内部の燃焼温度が上がったところで、穴を粘土で防いで密閉。内部は不完全燃焼を起こし、薪の多くは木炭として残ります。

完全に内部が冷めたところで、窯に穴を空ければ内部から木炭を取り出すことができます。ドームは崩さずにそのまま残せば、再び中に薪を入れることで窯として再利用することができます。

2回目からは少ない労力で大量の木炭を作ることができますね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 自然 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)