くわえるだけで歯が自動的に磨ける入れ歯型の電動歯ブラシ「Amabrush」が素晴らしい!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

虫歯を防ぐために必要不可欠な歯磨きですが、毎日のように歯を磨くのは大きな負担となります。しかしこの新開発の入れ歯型の電動歯ブラシ「Amabrush」なら、くわえているだけで歯を磨くことができます。

Sponsored Links

歯科医療チームとバイオテクノロジーエンジニアチームが協力して開発したこの電動歯ブラシ「Amabrush」。その特徴は、入れ歯型という点です。

Amabrushは、マウスピースの歯ブラシ部分と振動を生み出すモーター部分の2つの要素から構成されています。マウスピースは、細菌を99.99%死滅させることができる抗菌性シリコーンで作られています。

またモーター部分には歯磨き粉が充填されており、小さな穴から口内に歯磨き粉が流し込まれる構造となっています。

使い方は非常に簡単で、Amabrushのスイッチを入れて口に10秒くわええるだけ、歯全体をブラシが一度に磨くため、10秒で歯を磨くことができるといいます。歯磨きが終われば、口をゆすぐだけで歯磨きは終了です。

Amabrushは、男女約2000人のアゴを参考にして設計されており、出来る限り誰の歯でもフィットするように設計されています。

モーターは、振幅9.5Gの強い振動を計算されたアルゴリズム通りに作り出し、異なる振動で隅々まで歯を磨きます。一度に全ての歯を磨くことができるため、通常の12倍の速さで歯磨きできるといいます。

1回の充電で28回の歯磨きが完了で、1日2回磨いても2週間ほど磨くことができます。またワイヤレス充電モジュールを搭載しているため、スマーフォン用のワイヤレス充電ステーションの上に置いておくだけで充電可能です。

気になるのは値段ですが、Amabrushには特殊な歯磨き粉カプセルを入れる必要があり、この歯磨き粉カプセルは1日2回使うと1か月で交換が必要となります。歯磨き粉カプセルは、約3.40ドル(約390円)です。

さらに歯ブラシ部分のマウスピースの交換費用は7ドル(約800円)で、こちらは3か月~6か月使用できます。

本体のAmabrushは、2017年12月に90ドル(約1万円)で発売予定となっています。

キレイに歯が磨けるなら、歯磨きの時間を10秒まで短縮できるため非常に便利なアイテムですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, 国際, 技術・実験 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)