南極の棚氷から1兆トンの氷塊が落ちる!!観測史上世界最大の分離を確認!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

南極のラーセンC(Larsen C)棚氷から、観測史上最大級となる1兆トンもの氷山が分離したことが分かりました。数か月にわたって亀裂を観測していた研究者らが12日、発表しました。

Sponsored Links

研究者らが所属する英ウェールズ地方のスウォンジー大学は声明を発表し、「分離は7月10日から12日の間に発生し、ラーセンCにあった約5800平方キロメートルもの部位がついに分離した」と明らかにしました。

今後A68と名付けられる予定の氷塊は米デラウエア州の面積よりも大きく、容積は五大湖の一つエリー湖の2倍、厚さは約350メートルにもなるといいます。

また研究チームによると、「新たな氷山は重さが1兆トンを超えるが、分離以前からすでに浮揚していたため、直ちに海面(の上昇)に影響を及ぼすことはない」といいます。

今回の分離により、ラーセンCは表面積の12%超を失いました。

あまりに巨大すぎる氷のため、島くらいの大きさの氷が海に浮かんでいるということになるようですね。この氷塊は流氷となってどこへ流れていくのでしょうか。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際, 自然 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)