2000万匹の生殖不能細菌に感染した蚊を野生に放って蚊を撲滅するプロジェクトが決行される!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

蚊の気になる季節になりましたが、多くの人は殺虫剤などを使って蚊を駆除します。ところがグーグルの親会社アルファベット傘下のVerily社は、蚊を使って蚊を駆除するというユニークなプロジェクトを計画しています。

Sponsored Links

Verily社が進める計画は、ボルバキア菌という細菌を感染させたオスの蚊2000万匹をアメリカ・カリフォルニア州フレズノ周辺に放つというものです。

生態系への影響や蚊を放つことで病気を媒介するリスクが増えそうですが、そのような心配は全くありません。

血液を吸う蚊は、産卵を行うメスのみでオスは人間の血液を吸うことはありません。そのため2000万匹の蚊を放っても、全てがオスであるため人間が困らされることはありません。

放たれるオスの蚊が感染しているボルバキア菌は、人間には無害な細菌。交配したメス蚊がボルバキア菌に感染すると卵子が作られなくなり、メスの蚊から生殖能力を奪うという性質があります。

そのため、血を吸わないボルバキア菌に感染したオスの蚊を放つことで、その地域にいるメスの蚊の生殖能力を奪い、蚊の発生を防ぐという仕組みです。

蚊が撲滅されることによる生態系への影響が気になりますが、今回撲滅される蚊はジカ熱を媒介するネッタイシマカ。ネッタイシマカは、2013年に初めてフレズノで確認された蚊で言わば外来種。ネッタイシマカが消えることで生態系が正常になると言えます。

プロジェクトは7月14日から開始され、フレズノの300エーカーの2つの地区で20週間以上にわたってオスの蚊が放たれるといいます。

このプロジェクトで使われる蚊は遺伝子操作が行われていないため、自然には非常に優しいといいます。

これまでにない害虫の退治方法ですが、問題はいつも想定していない部分から発生するもの。害虫駆除が期待できる一方で、実際に試してみないとどのような問題が起こるのかは分かりませんね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 自然 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)