コーヒーと米粒で作られた何でも掴めるドラえもんの手のようなロボットハンドが開発される!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ドラえもんの手のようにどんなものでも掴めるロボットハンドが金沢大学の渡辺哲陽准教授、東北大学の多田隈建二郎准教授らの研究チームによって開発されました。このロボットハンドは、米粒やコーヒー豆で作られているといいます。

Sponsored Links

さまざまな形に変形する柔軟さと掴んだものを放さない固さを兼ね備えているこのロボットハンド。粉体の固化と液化を切り替えるジャミング転位現象を応用して作られています。

シリコンゴムのロボットハンドの中にはコーヒー豆や米粒といった粒子が入っており、内側の空気を吸引して粉を圧縮すると固化、空気を入れて粉と粉の隙間を空けると液体化します。この固化と液体化の仕組みを利用してロボットハンドを動かしています。

柔軟に動きつつ引き締まるとしっかりと固定されていますね。非常にユニークな構造のロボットハンドでした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, デザイン, 技術・実験 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)