スープの空き缶を使って簡易コンロを作るライフハックが素晴らしい!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

金属製の空き缶を利用して効率的に燃料を燃やすことができる簡易コンロを作る方法をご紹介します。構造さえ理解できればさまざまな空き缶で応用できそうです。

Sponsored Links

このキャンプストーブは、スープの空き缶を材料に作ります。基本的には、空気が下から上へと抜ける機構を作ることで、中に入れた燃料となる木材を効率的に燃焼します。

道具を使って空き缶に穴を開けていきます。下側が空気が入るように折り曲げた金属片で高さを作り隙間を空けておきます。上側は大きく開いた構造にして、横からも炎ができるように工夫しておきます。

完成した簡易コンロに小枝など入れて熱すると強い火力が発生します。台座を置いて、その上にフライパンや鍋を置けば調理が可能となります。

火力がそこまで強くなく安定しているため調理には最適ですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, 国際, 技術・実験 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)