14世紀に架けられたカレル橋の建造シミュレーションがスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

チェコ共和国の首都プラハを流れるヴルタヴァ川に架かるカレル橋である。 14世紀に建造されたこの橋は、当時の最新技術を用いて建造されました。今回は、そんなカレル橋の建造の様子を再現したシミュレーション映像をご紹介します。

Sponsored Links

カレル橋は、神聖ローマ皇帝カール4世の治世下1357年に建設が始まり1402年に完成しました。建築家ペトル・パルレーの設計で、1841年までプラハ旧市街とその周囲をつなぐ唯一の橋でした。

最初は単に石橋、プラハ橋と呼ばれていましたが1870年よりカレル橋と呼ばれるようになりました。

橋の長さは515.7メートル、幅は9.5メートル。15のアーチの上に、砂岩の切石の橋桁が渡されています。また橋を守るために3つの橋塔が建てられており、とくに旧市街側の橋塔はゴシック様式の建築として名高い橋です。

全長が500m以上あるため、橋の建造も最新技術が投入されました。まずは川に杭を打って一部を囲い、水を抜きます。水がなくなり川底が露出したところで石組みなどで土台を作ります。完成した土台に向けて石橋を架けます。

この作業を何度も繰り返し、45年の工事を続けて橋は完成しました。

建造にはさまざまな機械が導入されており、当時の最新技術を投入していたのでしょうね。これだけしっかり作ったから700年も持ちこたえているのでしょう。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 建造物, 技術・実験 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)