遺伝子操作によって誕生した筋肉がムキムキすぎるブタがカンボジアで繁殖中!!授精キットも販売!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

遺伝子操作技術が発展し、さまざまな遺伝子組み換え生物が誕生していますが、カンボジアでは遺伝子操作で筋肉がムキムキすぎるブタが養豚場で育てられています。太っている人の代名詞でもあるブタですが、今後は筋肉ムキムキの人をブタと呼ぶようになるのかもしれません。

Sponsored Links

この筋肉ムキムキなブタは、カンボジアの企業デュロック・カンボジアが開発したもの。養豚場で育てられているブタたちは、異様に全身の筋肉が発達しています。

個体差が大きいようで、ボディビルダーのような体のブタもいれば普通のブタもいます。

このブタたちの筋肉が、なぜこれほど発達しているのかは明らかにされていません。ネット上では「ホルモンやステロイド剤を使用して筋肉を発達させている」という意見が上がっていますが、同社がブタの受精キットを発売していることから、遺伝子操作によるものだと思われます。

デュロック・カンボジアは、以前にも巨大な睾丸を持つブタの映像を公開しており、ブタの身体改造を繰り返しているようです。

子ブタの時点で筋肉が発達しています。

大人になるとその筋肉ははっきりとしたものになります。

ブタの筋肉を増やすことができれば、1頭からそれだけたくさんの肉が取れるため有益な部分はありますが、異様な姿をしているため好んで食べたいとは思えませんね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)