サッカーの試合でスーパーゴールが飛び出した/ロングパスをトラップ→浮かせる→オーバーヘッドキック


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ドイツのブンデスリーガで3月1日に行われた、「バイエル・レバークーゼン対VfLヴォルフスブルク」の試合で、信じられないようなスーパープレーが飛び出して話題となっています。ある選手がロングパスをトラップし、相手をかわすと同時に自分でボール浮かせて、そのままオーバーヘッドキックをしてしまうのですが、卓越した個人技がスゴすぎます。

Sponsored Links

このスーパーゴールを決めたのはスイスのエレン・デルディヨク選手(23歳)で、中央付近からのロングパスをワントラップでコントロールし、次に相手選手をかわしながらボールを浮かせて、最後に身体を反転させてオーバーヘッドキックでゴールしてしまいます。

このス-パープレーには、相手ディフェンダーもゴールキーパーも唖然、観客たちは大盛り上がりを見せています。

こういうプレーがたまに起こるからサッカーは面白いんですよね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: スポーツ, 国際, 技術・実験, 文化 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)