トヨタが1994年に製作した未来の乗り物


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

未来を思い描く時、なぜ未来人はピチピチの服を着て固形や液体状のゲルで食事を済ませ街や自動車など人工物は流線型なんでしょうか?

Sponsored Links

1994年のトヨタの技術者によるアイデアコンペの様子らしいのですが、17年経った今みても奇抜なデザインです。
運転席だけ回転する三輪車?や空飛ぶ絨毯を模した乗り物、スキーのような乗り物までなかなかアイデアに満ち溢れた乗り物たちが登場します。
最後に白黒ボーダーの卵型の乗り物から出てきた人の衣装の手作り感がなんとも20世紀らしくてすばらしいですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 歴史, 科学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)