人型卓球ロボットが中国で開発される!!これは結構スゴイかも!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ボールを扱うロボットは、これまでにも開発されてきましたが人型とは程遠いものでした。ところが、このたび中国で開発された卓球をする2体のロボットは人間と同じ形をしており、結構器用にリレーをすることが出来るのです。

Sponsored Links

中国のロボットといえばどうしてもこのような精度のものを想像しがちですが、今回開発された「Wu」と「Kong」と名付けられた2体の卓球ロボットは器用にリレーを続けることができます。

中国の鎮江大学で開発されたこのロボットは、日本で開発されたパナソニックのエルボタくんなどの小型ヒューマノイドロボットを意識して開発されたようで、大学のウェブサイトでは「ビッグサイズのヒューマノイドロボット」を謳い文句にしています。

このロボットは、30のモーターで駆動しているようで、アームは7つのアクションを繰り出すことができるようです。また、ボールの軌道を目に付いたカメラで予測しながら両足で自ら移動して、球を打ち返しているようです。

このロボットを見る限り、中国の進歩も侮れません。それにしても、流れていたBGMはニコニコ動画で聞いたことがあるような気がしますが、著作権と選曲センスは大丈夫なのでしょうか?

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 技術・実験, 文化, 科学 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)