海抜1430メートルに設置された中国のガラスの道が怖すぎる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

中国の湖南省張家界市の天山門に、世にも恐ろしいガラスの桟道が作られて話題となっています。この道は山頂の西線雲夢仙頂から倚虹関の間にあり、長さ60メートル、海抜は1430メートルとなっています。

透けた足元から覗く下界はまさに絶景と呼ぶに相応しいでしょう。

Sponsored Links

この道は今年の10月1日からオープンしており、歩けばまるで雲の上を歩いているかのような気分を味わうことが出来るのがポイントです。

道幅は、およそ90cm、2.5インチ(約6.35cm)の厚さのガラス出来た道を歩くときには、ガラスを傷つけないため、ガラスの透明感の維持、掃除をしないでいいようになどの理由で専用の靴カバーの着用が義務付けられています。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 建造物, 文化, 自然 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)