キネクト(Kinect)で操作する安川電機の次世代ロボット「SmartPal VII」


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2011国際ロボット展において、産業用ロボット世界シェア1位の安川電機が開発を進めている次世代サービスロボット「SmartPal VII」を、モーションキャプチャで遠隔操作するデモンストレーションが公開されました。

今回のデモは、部屋に落ちているぬいぐるみをロボットが拾い上げて、箱に入れるという内容で、ロボットハンドの操作に、マイクロソフトのキネクト(Kinect)を利用しています。

Sponsored Links

このロボットは、人間が簡単に操作できることを前提に作られており、人間が手を動かすだけでロボット自身が考えてロボットハンドを最適に動作できるようになっています。

今回のモデルは、2007年に発表された前代の「SmartPal V」から全ての部品を見直し、大幅な小型軽量化が図られています。頭部にはパン・チルトが可能なステレオカメラと赤外線センサを、移動部にはジャイロセンサを搭載しており、環境認識機能を強化しつつ自律移動の精度を向上させています。

ロボットアームは細く軽くなっており、さらに柔らかい外皮に覆われた下には接触センサーが備え付けられたため、以前よりも安全性が向上しました。

現時点では明確なターゲットは決まっていませんが、人間の近くで働く支援ロボットへの展開を目指しています。産業ロボットからサービス用途ロボットへのシフトが進めば、扱いやすさや安全性に関する技術が有効になるとしています。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, デザイン, 技術・実験, 科学 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)