グラス・ハープで奏でられるチャイコフスキーの「こんぺい糖の踊り」がスゴイ!!「グラスでここまで出来るの!?」


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

誰もが1度は耳にしたことがあるであろう、ピョートル・チャイコフスキーの作曲したバレエ音楽『くるみ割り人形』の中の「こんぺい糖の踊り」を、グラス・ハープを使って演奏している様子です。以前にも完成度の高いグラス・ハープの演奏をご紹介しましたが、今回の曲はよく知られたものだけに、そのスゴさが良く分かります。

Sponsored Links

この演奏をしているのは、ポーランドで活躍しているグラス・ハープ奏者のデュオによるものだそうで、イタリア・ボローニャのサント・ステファノ教会で行われた音楽祭で披露されました。このほかにも、さまざまな有名曲を披露したようです。

「トッカータとフーガ ニ短調」

「朝」「アニトラの踊り」

グラスに水を入れて振動させているだけとは思えないほどの音色でした。これだけ複雑な曲も演奏できるなんて、なかなかスゴイですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 技術・実験, 文化 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)