カンボジアにある竹で作られた竹列車


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

カンボジアには過去のフランス統治時代に作られた鉄道がありますが、整備はされずよく脱線をするため歩くスピードより少し速い程度の運行しかされていませんでした。
長い間、旅行者や村人は世界有数の劣悪な鉄道を利用せざるを得ませんでしたが、とうとう人々は自分達で鉄道サービスを始めてしまいました。
その列車は地元では「Norries」、旅行者からは「bamboo trains(竹列車)」として知られています。

Sponsored Links

この竹列車は2つのバーベルのような台車に、3メートルほどの木で作られた木枠と竹の”座席”だけで構成されたシンプルなもので、排水用ポンプのガソリンが動力源となっており、スピードは時速40kmほどで20人を同時に運べるということです。

また向こうから竹列車が来て、2台の列車が立ち往生した場合は、片方の列車を皆で持ち上げて横にずらしてもう片方の列車を通します。そのためダイアが無くても運行することができるようです。

また非公式ながらこの竹列車はカンボジアの重要な輸送システムとなっており、観光客が払う運賃(1日乗って2ドル)も地元の人々の重要な現金収入源になっています。

ポル・ポト時代のジェノサイドや内戦によって貧しいカンボジアですが、人々の活力やたくましさには敬服します。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 文化, 歴史, 生活, 経営・経済 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)