まさに一騎当千!!30匹のオオスズメバチが3万匹のセイヨウミツバチをたった3時間で虐殺する恐怖ムービー


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

簡単にハニートラップにかかる日本のスズメバチですが、セイヨウミツバチを相手にすると恐ろしい力を発揮します。今回は、ナショナルジオグラフィックのドキュメンタリーが撮影に成功した30匹のオオスズメバチが3万匹のセイヨウミツバチをたった3時間で虐殺する恐怖ムービーをご紹介します。これぞまさにスズメバチ無双!!

Sponsored Links

セイヨウミツバチの巣箱の前にやってきた数えるほどのオオスズメバチたち。セヨオウスズメバチの数は3万匹なのに対して、オオスズメバチは30匹、その固体差は1000倍です。しかし、そんな個体差には関係なく、オオスズメバチは片っ端からセイヨウスズメバチを噛み殺していき、たった3時間で3万匹のセイヨウミツバチを皆殺しにしてしまいました。その後、セイヨウミツバチの幼虫たちを食べていき、巣を完全に壊滅させてしまいます。

日本の在来種であるニホンミツバチをはじめとしたアジアに生息するトウヨウミツバチは、蜂球(ほうきゅう)と呼ばれる同じアジアに生息するオオスズメバチへの対抗手段を持っています。この蜂球(ほうきゅう)は、巣の中に侵入したスズメバチを大勢のミツバチが取り囲んで塊をつくり、蜂球の中で約20分間の間に48℃前後の熱を発生させるというものです。取り囲まれたスズメバチは上限致死温度が44~46℃であるために耐えられずに死んでしまいますが、ミツバチは上限致死温度が48~50℃であるため死ぬことはありません。

しかし、セイヨウミツバチは上限致死温度がトウヨウミツバチよりも低く、蜂球を作ることができず、オオスズメバチへの対抗手段を持ち合わせないので虐殺されてしまいます。

2004年には、中国から輸入された鉢植えにいたスズメバチがヨーロッパに入り、深刻な被害を出しています。

1匹で1000匹のセイヨウミツバチを殺してしまったオオスズメバチ。これぞまさに一騎当千、恐ろしすぎるオオスズメバチの虐殺動画でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 自然 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)