どんなもので楽器にして音色を幾重にも重ねることで1人ジャムセッションを演奏するおっさんがスゴい!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

以前、1人で弾いたバイオリンの音を幾重にも重ねて壮大な演奏を行うストリートパフォーマーをご紹介しましたが、今回はホース、はたき、ニンジンなど身の回りにあるものを楽器にして、さらにエフェクターを使って1人でジャムセッションを行ってしまうおっさんをご紹介します。かなりニンジンが渋い音を奏でています。

Sponsored Links

この男性リンゼイ・ポーカー(Linsey Pollak)さんは、ボイスパーカッションに加えてホース、はたき、ニンジンなどを楽器として演奏することができるそうで、演奏した音をエフェクターで混ぜ合わせることで1人ジャムセッションを行ってしまいます。作成されたそれぞれの楽器には、音階をつけて演奏するための穴とリードが付けられています。

ニンジンも想像以上に良い音が鳴るようです。こんな音色を聞くと食べるのがもったいなくなってきますね。

サッカーボールまで使っての演奏。もはや絵面だけ見ているとカオスですが、目をつぶって音だけ聞くと素晴らしいセッションです。

卓越した技術とセンスで、ただの日用品を素晴らしい楽器にしてしまうミュージックパフォーマンスでした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, ライフハック, 技術・実験, 文化, 芸術 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)