長距離間でも擬似的に相手とキスすることができるキスメッセンジャー「Kissenger(キッセンジャー)」なるデバイスが開発される!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

日本では、接吻に着目した触覚コミュニケーションデバイス一人でポッキーゲームができる変態的なシステムなどが開発されていましたが、シンガポールのAI(人工知能)研究者Hooman Samani氏は、長距離間の2人のキスを伝達できるメッセンジャーロボット「Kissenger(キッセンジャー)」を開発して話題となっています。日本のシステムはコンセプトこそ良かったですが、「Kissenger(キッセンジャー)」を見る限りさらなる改良が必要かもしれません。

Sponsored Links

キッセンジャーは、ウサギのような形のデバイスをしておりシリコン製の唇が備え付けられています。そして、このデバイスは遠く離れたペア機とリアルタイムの無線で繋がっており、双方向に情報を交換することができます。


中身の構造

仕組みは、片方のデバイスのシリコン唇にキスをすると、その刺激をもう片方のデバイスへ伝えて振動などによってキスの感覚を再現するというものです。

また、キス以外にも身振り手振りといったボディランゲージを伝達するためのガジェット「ミニサロゲート」というものも開発されています。こちらは、ボディランゲージを小さな人形の動作を介して伝え、遠距離にいる相手とその場の感覚を共有するためのシステムです。

キッセンジャーは、キスした瞬間ブーブーとよく分からない音が出ており、実際のキスの感覚とはかけ離れた感覚であろうことは見ているだけでなんとなく分かりますし、ミニサロゲートでは小さな人形の動きだけで自分の気持ちを十分に伝えられるとは思えませんが、触覚を伝えるという試みは面白いアイデアではないでしょうか。視覚や聴覚といった既存の情報以外の、触覚、嗅覚、味覚といったものの伝達方法の研究は、今後の展開が楽しみですね。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, ガジェット, 国際, 技術・実験, 文化, 科学 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)