リオのカーニバル中にサンバの街「リオ・デ・ジャネイロ」をチルトシフトレンズを使って微速度撮影したタイムラプス映像が面白い!!まるでおもちゃのミニチュアの世界


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ブラジルの都市リオ・デ・ジャネイロでは、世界最大の見世物のひとつとされる祝祭リオのカーニバルが毎年開催されています。多くの場合このお祭りは、その激しいダンスや圧倒的な迫力が注目されて報道されています。

ところがKeith LoutitさんとJarbas Agnelliさんは、このド迫力のお祭りをあえてチルトシフトレンズを使って微速度撮影することで、非常に可愛らしいものにしてしまいました。まるでおもちゃのように動き回るサンバの街をご覧ください。

Sponsored Links

この映像は、2011年にリオ・デ・ジャネイロで開催された実際の「リオのカーニバル」を撮影したものです。撮影したものをミニチュアのように見せてしまうチルトシフトレンズと微速度撮影を組み合わせることで、まるで小人たちがサンバを踊っているかのような映像に仕上げました。

リオ・デ・ジャネイロの街は、カーニバルが始まる前はゆったりとした雰囲気を漂わせています。ところが、カーニバルが始まると、街は賑わいを見せ、人々は熱狂します。

映し出される映像は、まるでおもちゃのミニチュアの世界そのものですが、普段は迫力に圧倒されるカーニバルの緻密な仕掛けや繊細でユニークな踊りがよく分かります。

これまで見たこともない「リオのカーニバル」の新たな一面を垣間見ることができる素晴らしい映像作品でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 建造物, 技術・実験, 文化, 芸能, 芸術 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)