ラップ系の曲に合わせてリズミカルに高速ステップを踏むタップダンスがスゴすぎる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

タップダンスとは、モダンダンスの1つで、元来はアメリカ南部の黒人のダンスです。タップスと呼ばれる金属板を靴底の爪先(ボウル)と踵(ヒール)につけて床を踏み鳴らしながら踊るのが特徴で、ミュージカルなどに取り入れられていることで知られています。

今回はそんなタップダンスを、ラップ系の曲に合わせて踊るダンサーをとらえた映像をご紹介します。映画『雨に唄えば』のジーン・ケリーもビックリのタップダンスをご覧ください。

Sponsored Links

一般的なタップダンサーの認識とは、かけ離れた風情をした2人のタップダンサー。流れている曲もテンポの速いラップ系の曲です。

しかし、いったんダンスを始めると、速いリズムに合わせて超高速のステップを踏み、リズミカルに床を踏み鳴らします。その足元は、凡人にはどうなっているのか分からないほど細かく複雑なステップが踏まれています。

タップダンス自体がミュージカルで知られるようになったため、このようなタップダンスに驚いてしまいますが、本来はこういった速いテンポの曲に合わせるダンスなのかもしれませんね。それにしても、この足の動きはスゴすぎます。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: スポーツ, 技術・実験, 文化, 歴史 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)