カリフォルニア州デスヴァレー国立公園に存在する動き回る謎の石「セーリング・ストーン」


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ・カリフォルニア州デスヴァレー国立公園にあるRacetrack Playaは、デスヴァレー国立公園の北西にある平坦で干上がった湖の湖底だった場所です。ここには、夜間に石が長距離に渡って移動する「セーリング・ストーン」、「スライディング・ロック」または「ムービング・ロック」などと呼ばれる現象が起こります。重さ100kg以上もの巨石が動き回る不思議な現象についてご紹介します。

Sponsored Links

この「セーリング・ストーン」は、何かに引きずられたような直線的な跡を伴って移動しますが、人間を含む動物の足跡などは一切残されておらず、原因は諸説あるものの現在も解明されていません。

セーリング・ストーンは、2~3年の周期で移動し1年で320m~500mほども移動するといいます。しかし、誰1人として石が動いているのを目撃した者はいません。そのため、どれほどのスピードで移動しているのかも分かっていません。

その軌道は千差万別で、まっすぐに進むものや、緩やかなカーブを描くもの、ジグザグな進み方をするものなどがあります。

この動きの理由としては、雨や風などの気象条件の珍しい一致が石を動かすという説が有力です。このあたりでは、時速80kmの突風が吹き、ときには時速112kmの強風が吹きます。この風の力と、雨や氷などによる石にかかる摩擦の低下が石を動かす秘密だと推測されています。また、傾斜がほとんどないため重力によって転がったとは考えられていません。

現在、観測者たちが162個の石のそれぞれに「Stacy」「Pamela」など女性の名前を付けて移動の経緯を観測しています。

中には、「石に無線発信機を取り付けて、移動の経緯を観測するべきだ」という意見もでていますが、法律上、国立公園であるため計測器などを設置することが禁じられており、実現していません。

その奇妙な動きとエリア51が近くにあることから、宇宙人や超常現象を原因として考える人も多いようです。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際, 地域, 科学, 自然 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)