背中に溜まった巨大な粉瘤腫(できもの)を取り除く手術がえげつない件【閲覧注意】


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

粉瘤腫とは、新陳代謝によって表皮から剥がれ落ちる垢などの老廃物が、皮膚内部(真皮)に溜まることによってできる良性の嚢胞性病変の総称です。簡単に言ってしまえば「できもの」です。

今回は、背中にできた巨大な粉瘤腫を取り除く手術映像をご紹介します。とんでもない量の粉瘤腫が出てくるため閲覧には注意してください。

Sponsored Links

粉瘤腫は、放置しておくと感染症を引き起こすことがあるため、局所麻酔を行い袋ごと切除する手術を行うのが一般的です。今回の手術では、背中をメスで切って、中に溜まっている老廃物などを掻き出しています。

メスで切開された患部に棒のような器具を突き刺し、老廃物を掻き出している様子が確認できます。また、切り口の周りを搾り出すように抑えると、白い老廃物が大量にニュルニュルっと出てきます。

そして最後には、傷口にゴムのようなものを詰め込み上からガーゼを貼って処置が終わったようです。

途中に登場する撮影者にも驚かされますが、背中にこれだけの老廃物が溜まっていたらさぞかし痛かったでしょうね。粉瘤腫除去手術映像でした。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: その他, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)