ケヴィン・スラヴィンが語る「アルゴリズムが形作る世界」 TED


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ケヴィン・スラヴィンは、アルゴリズムのためにデザインされ、コンピュータプログラムによるコントロールが広がり続ける世界に我々は生きていると言います。「TEDGlobal」で行われたこの魅惑的な講演で、彼は複雑なコンピュータプログラムがいかに多くのことを決しているかを示しています。諜報戦略、株価、映画の脚本、建築デザイン。そして私たちがもはや読めもしなければ結果をコントロールすることもできないコードを書いていることに警鐘を鳴らしています。

Sponsored Links

ケヴィン・スラヴィンは、金融業界ではアルゴリズムによって作られた数多くのプログラムを、さらにプログラムによって処理しているといいます。このプログラムには欠陥があり、プログラム同士のやりとりによってループに陥り、現実的ではない状態が作る出される場合があるといいます。

しかし一方で、アルゴリズムによって作られたプログラムは高い確率で様々な予想を的中させており、社会はプログラムに依存したものへと変化しています。

ありとあらゆるものにコンピュータが使われ、それらはプログラムによって動いていることを考えれば、現代社会がどれだけアルゴリズムに依存しているのかがよく分かります。しかし、現時点ではアルゴリズムには欠陥があるため、一度、何かが起これば思いがけない事態が発生することでしょう。これらのことを踏まえて、人類はアルゴリズムを道具として使いこなすことを考えなければいけないようです。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, デザイン, 国際, 技術・実験, 文化, 科学, 経営・経済, 講演 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)