広島原爆の4分の1に匹敵する巨大隕石が頭上を通過する瞬間をとらえた映像が迫力満点でスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所の研究者は、アメリカ・ネバダとカリフォルニア州上空で22日、流星が大爆発し、昼間の空に約600マイル(約960km)にわたって火球が流れる珍しい現象が発生したことを明らかにしました。この隕石は最終的に地上に被害を及ぼすことなく上空で散ったとみられています。

なんと、この隕石落下をとらえたとされる映像がユーチューブに投稿され話題となっています。巨大な隕石が頭上を高速で通過する一瞬をとらえた迫力満点映像をご覧ください。

Sponsored Links

山の上に発光する物体が見えます。まったく動いていないように見えますが、実際には徐々に接近していたようで、油断していた次の瞬間、隕石は頭上を通り越して空の彼方へ消えていきました。

研究者によると、空中爆発はカリフォルニア州サンフランシスコのベイエリア地区東部セントラルバレー上空を中心に発生し、TNT火薬約3.8キロトン分の爆発にも匹敵する規模だったといいます。これは、1945年に広島に投下された原子力爆弾の約4分の1にも相当するエネルギーです。

ジェット推進研究所の地球近傍天体プログラム室(カリフォルニア州パサディナ)のドナルド・ヨーマンズ氏は「流星の大きさは恐らくスポーツタイプ多目的車1台分ほど」と述べ、「大爆発だった。このような規模の爆発は年に1度くらいは起こっているが、海洋上など無人の場所で発生することがほとんどだ」としました。

爆発による破片の地上への落下や被害の発生は23日の時点では特に報告されていません。また、同地域に設置されたどの大型望遠鏡にも、22日早朝に火球が撮影された記録はないといいます。NASAの研究者によると、爆発は上空5~10マイルの辺りで発生したとみられ、広範囲にわたって爆発音が響き渡った可能性があるといいます。

日々無数の流星が大気圏に到達しており、気象学会によると、大半は砂粒よりも小さく、通常は地上に達する前に燃え尽きてしまうといいます。

もし、この映像が本物の隕石落下の瞬間なら非常に貴重な資料と言えるかもしれませんね。身の毛もよだつ隕石落下の瞬間をとらえた映像でした。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際, 技術・実験, 科学, 自然 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)