ヒマラヤ山脈の断崖絶壁に生息する蜜蜂「ヒマラヤオオミツバチ」から蜂蜜を採集するネパールのハニーハンターがスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

プーさんも行っているハチミツ採集「ハニーハント」は、1万5000年前から人類が行ってきた伝統があります。今回は、そんなハニーハントを標高2000mの山岳地帯で現代においても行っているネパールのハニーハンターをご紹介します。おそらく世界でも最も危険な仕事をご覧ください。

Sponsored Links

このハニーハントは、ネパールに暮らす「グルン」「ケーワット」と呼ばれる民族が年に2回行っているもので、ネパールでは文化的に重要なものとみなされています。

彼らがハチミツを採集する方法は、断崖絶壁にあるヒマラヤオオミツバチの巣の下で煙を焚き、ハチを弱らせたところをロープやはしごを使って近づき、そのままもぎ取るというものです。1つの巣を取るのには、大きさにもよりますが2時間~3時間程度を要します。

ハニーハントを行う前には村によって異なるものの、花、果物、米などを供える儀式が行われます。その後、巣の下で火を起こして煙で燻し、ハチの動きが鈍ったところで崖の上からロープやはしごをつたって急襲します。蜂の巣を切り取って採集したのち、カゴなどに入れて地上へ降ろします。

彼らが採集した蜂の巣は、ハチミツを採集する以外にも巣は蝋として利用され、各地で販売されます。

これらの写真や映像を見る限り、プーさんもなかなかハードボイルドなことをしていたようですね。世界で一番危険な仕事といえるネパールのハニーハントでした。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 文化, 歴史, 生活, 経営・経済, 自然, タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)