ベラルーシで蚊が大量発生!!空を覆いつくす蚊の大群が襲来して話題に!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

椎名誠の小説『蚊』は、6畳の部屋を蚊の大群が飛び回るという恐怖の物語ですが、ベラルーシで現実となってしまったようです。

5月14日、ベラルーシの首都ミンスクで蚊が大量発生する事件が起こりました。街は、蚊の大群によって覆われ、空には蚊の大群が雲のように浮かびました。

Sponsored Links

この現象は、異常なものというわけではないようです。

通常、湖で孵化した蚊の幼虫ボウフラは羽化して蚊になる際、風に飛ばされて死んでしまいますが、今年は風がほとんど吹かなかったため、全てのボウフラが羽化に成功。このような現象を引き起こしました。

例年は、夏ごろに羽化しますが、今年は異常に早かったことで多くの人が驚いたようです。

この映像は日本で撮影された蚊柱

おそらくこんな風になっていたんでしょうね。口を開けて走るところを想像しただけで、発狂しそうになりますね。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 動物, 国際, 自然 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)