マサチューセッツ工科大学が開発中のチーター型ロボットがスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

マサチューセッツ工科大学のバイオミメティックロボット研究所のSangbae Kim博士とそのチームは、人型ロボットの開発にも関係しているアメリカの国防高等研究計画局(DARPA)のプロジェクトの一環としてチーター型ロボットを開発しています。とりあえずチーター型ロボットの歩く様子をご覧ください。

Sponsored Links

足の骨格や身体の構造などが、まるでチーターのような形状をしているこのチーター型ロボット。走っている様子は確認できませんが、4本の足を使って歩いている様子は確認できます。

研究が進めばチーターを模していることからも、相当なスピードで走れるようになることが予想されます。また、国防高等研究計画局(DARPA)が絡んでいるため軍事転用される可能性が非常に高いことも気がかりです。

時速120kmで追いかけてくるロボット、考えただけでも恐いですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 動物, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)