バンジョーで奏でるバッハのパルティータ第3番が素晴らしい件


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

バッハの作曲した無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータBWV1001-1006は、3曲ずつのソナタ(BWV番号は奇数)とパルティータ(BWV番号は偶数)合計6曲からなり、ヴァイオリン独奏の楽曲として今日では古今の名作の一つに数えられています。

その中のパルティータ第3番をベラ・フレックさんがバンジョーで演奏している様子です。「バンジョーってこんな音だせるんだ!」と思わってしまうほど、軽やかで可愛らしい音色をご堪能ください。

Sponsored Links

ピロピロピロピロ細かく奏でることが出来るのはバンジョーだからなのかは分かりませんが、緻密で繊細な演奏は聴く人間を心地よくしてくれます。
普通ならヴァイオリンで弾く曲も、楽器を変えればここまで違う印象になるんですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 技術・実験, 文化, 芸能, 芸術 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)