チンパンジーにAK-47 を持たせてみると、とんでもないことに・・・・


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

AK-47とは、「1947年式カラシニコフ自動小銃」のことで、1947年にソビエト連邦軍が制式採用した歩兵用アサルトライフルです。第二次世界大戦終結後、ドイツから抑留されたStG44の開発者であるヒューゴ・シュマイザーの技術的助言の下、ミハイル・カラシニコフが設計したこの銃はアフリカなど一部の地域では30ドル以下でも購入できるという価格、耐久性、扱いやすさから世界中に1億丁以上が流通しており「小さな大量破壊兵器」とまで呼ばれています。

そんなAK-47を、アフリカかどこかでチンパンジーに与えてみたら・・・・という映像です。

Sponsored Links

チンパンジーを馬鹿にしているアフリカ系の兵士が一丁のAK-47を渡します。すると、怒ったチンパンジーは銃を乱射し兵士を追い払った後、高らかに勝利のポーズを決めたところで映像は終わります。

テレビに出てくるチンパンジーのパンくんなんかを見ていると本当にありそうな感じだから面白いですよね。この映像は人気SF映画『猿の惑星』シリーズの最新作、『猿の惑星:創世記(Rise of The Planet of The Apes)』 のプロモーション用のための映像のようですが、銃や暴力、戦争に対する皮肉が込められているようにも思えます。

それはちょっと深読みしすぎでしょうか。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: イタズラ, 動物, 技術・実験, 自然, 芸能 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)