人間の脳を食べるアメーバ「ネグレリア・フォーレリ」がパキスタンで大暴れ!!5月以降で10人が死亡!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

世界保健機関(WHO)の当局者は9日、パキスタンで5月以降、人間の脳を食べるアメーバ「ネグレリア・フォーレリ」による脳炎で少なくとも10人が死亡したことを明らかにしました。

Sponsored Links

ネグレリア・フォーレリは、ヘテロロボサに属する自由生活性のアメーバであり、通常25℃~35℃ほどの温水環境に生息します。また他のアメーバ類とは異なり、生活環の中に鞭毛型を持つのが特徴です。

人間に対して病原性を示し、原発性アメーバ性髄膜脳炎を起こすことがあります。これは中枢神経系が冒されることで、始めは嗅覚認知(匂いや味)の変化が起こり、続いて吐き気、嘔吐、発熱、頭痛などを示し、急速に昏睡して5日~7日で死に至るものです。

このアメーバは、汚染した水と一緒に鼻を通って体内に侵入し、人から人には移りませんが、致死率は98%と非常に高くなっています。

WHO疾病早期警戒システムのムサ・カーン博士によると、パキスタンで確認された10件の死亡ケースはいずれも南部の港湾都市カラチに集中しています。ただ、このアメーバの存在は現地であまり知られていない可能性があり、感染例がすべて報告されているかどうかは分かりません。カラチでは2006年にもネグレリア・フォーレリの感染が確認されていました。

米疾病対策センター(CDC)によると、アメリカでは2002年からの10年間で32件の感染が報告されています。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際, 自然 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)