瞑想すれば幸せになれる!?世界で最も幸福な人間として科学的に認定されたチベット仏教の僧侶マチュー・リカール


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ブータン王国が世界で最も幸福な国となっているように、幸福を得るためにはお金や名声よりも宗教と瞑想が必要なのかもしれません。

ウィンスコンシン大学の神経科学者リチャード・デビッドソン博士は、4年前にチベット仏教の僧侶マチュー・リカールさんを検査してところ、瞑想中に非常に幸福を感じていることが分かったといいます。

Sponsored Links

チベット仏教の僧侶マチュー・リカールさんは、ダライ・ラマの信頼を得ている高僧です。

リチャード・デビッドソン博士は、FMRIという装置を使ってリカールさんを調べました。256のセンサーを頭に装着して瞑想中の状態を検査してみると、「科学で測定できる最高レベルの幸福度」を実現していることが分かりました。

リカールさんは、フランス人画家と哲学者の息子としてパリでエリート教育を受けてきました。その後、1972年に胞遺伝学の博士号を取得したものの下らない議論に幻滅し、インドのダージリンへと旅に出ました。それからはインドに移住し、仏教研究を進めました。また仏教徒になったことで瞑想のトレーニングを12年間続け、幸福になるための瞑想を体得しました。そして現在では、自費での学校建設や医療の推進など、110もの人道的プロジェクトを進めています。

幸福になるためには、お金を儲けることや地位・名声を手に入れることよりも、人のために尽くすことが大切なようです。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 文化, 生活, 科学 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)