バーの近くに住む人は「酒飲み」になってしまう!?アルコール摂取とバーの相関性をフィンランドの研究者が発表


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

バーなどの酒を提供する施設の近くに住むことにより、飲酒量が増える可能性があるとする研究結果を、フィンランドの研究者が英医学誌「アディクション」に発表しました。フラっと立ち寄れるバーがあれば、飲酒の頻度も増えるのかもしれません。

Sponsored Links

この研究はフィンランド人約5万5000人を7年間にわたり調査したもので、それによると、自宅とバーまでの距離が1km近くなると、「酒飲み」になる確率は17%上昇するといいます。研究では、男性の場合、蒸留酒を1週間に300ミリリットル弱飲む人を”酒飲み”と定義しています。

研究をまとめたフィンランド労働衛生研究所のヤーナ・ハロネン氏は、酒好きの人がバーの近くを選んで住んでいる可能性もあると指摘。ただ、自分は引っ越しをせず、近くにバーができたという人たちを調べたところ、同じような結果になったといいます。

また、周辺の貧困レベルなどの要素も検討しましたが、ここでもバーからの距離と酒量の増える確率が相関することが分かったといいます。

ハロネン氏は、この調査がフィンランドで行われたもので、飲酒の習慣や文化規範は国によって異なるため、他国に当てはまるかどうかは分からないとしています。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 文化, 生活, 科学, タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)