ゴミの埋立地の上に作られた街でリサイクル楽器を作って演奏する子供たちのリサイクルオーケストラ


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

パラグアイにあるCateuraという街は、埋立地の上に作られています。そこに暮らす人々の多くは、ゴミのリサイクル業者として働いています。そんな街の子供たちが、ゴミから作られたリサイクル楽器でオーケストラを結成しました。

Sponsored Links

ゴミの山から集められた使えそうな素材を使って、子供たちはヴァイオリンやチェロといったリサイクル楽器を製作しています。そして完成した楽器を使って、オーケストラを結成し、活動しています。

リサイクル楽器とは思えないほど素晴らしい音色を出していますね。貧困や薬物汚染に負けず、音楽を楽しんでもらいたいものです。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, デザイン, 国際, 技術・実験, 文化, 生活, 芸術 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)