ベネズエラに自生する食虫植物「ウツボカズラ」が次々にアリを捕食する食虫植物がスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ベネズエラ原産の食虫植物ウツボカズラが、アリを捕食する様子をとらえた映像です。まさに蟻地獄と化したウツボカズラをとらえた映像をご覧ください。

Sponsored Links

ウツボカズラは、捕虫器と呼ばれるものがあり、壺のような形で、いわゆる落とし穴式で虫を捕らえるようになっています。やってきた虫は、捕虫器の内側で滑って底に落ち、消化液で消化される仕組みとなっています。また、雨などで濡れることでさらに滑る仕組みとなっています。

映像では、群がってきたアリたちが濡らすことで次々と落ちる様子が確認できます。実験では、乾燥時29%だった落下率が、濡らすことで88%とおよそ3倍となりました。

まさに蟻地獄と化しているウツボカズラをとらえた映像でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 科学, 自然 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)