19世紀に製造された3つのヴァイオリンとピアノの自動演奏マシーン「Hupfeld Phonoliszt Violina」がスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

この「Hupfeld Phonoliszt Violina」という機械は、100年以上前のヨーロッパで製造された楽器の自動演奏マシーンです。その驚くべき演奏映像をご覧ください。

Sponsored Links

こちらのマシーンは、1850年~1900年にヨーロッパで製造されていたもの。映像のものは、オランダ・ユトレヒト博物館に所蔵されているものです。

マシーンを作動させると、回りだした譜面どおりにピアノと3台のヴァイオリンを同時に演奏します。実際のピアノやヴァイオリンをカラクリ仕掛けで演奏しているため、音に臨場感があります。

100年も前に、こんな精巧で緻密な機械が作られていたなんて驚きですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, 国際, 技術・実験, 文化, 歴史 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)