ウネウネと動き回る!!マサチューセッツ工科大学(MIT)が水分を利用して駆動する人工筋肉素材の開発に成功!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者らは、水分を使って駆動する人工筋肉素材の開発に成功しました。この人工筋肉を使うことで、電気を生み出したりモノを動かしたりできるかもしれません。

Sponsored Links


字幕翻訳可能

この人工筋肉素材は、2種類の異なるポリマーを幾重にも重ねることで作られたものです。水分を吸収するとポリマー層を水が移動して膨張や蒸発を繰り返すことで、素材が丸まったり広がったりし、結果的に拡張・収縮運動を行うことになります。見た目の気持ち悪さと対照的に、この素材は外部から一切電気などのエネルギーを取り込むことなく稼動する画期的な発明品です。

今後は、この連続した動きを利用して小型の電子機器の電源として用いることやロボットを動かすための動力源として期待されています。

マサチューセッツ工科大学が開発した水だけで動き回る非常に奇妙な最新素材でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, デザイン, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)