既存の電子部品と3Dプリンターによって制作されたヒューマノイドロボット「InMoov」がスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

未知の可能性を秘めた3Dプリンターが低価格で発売されるようになり、才能ある人々が非常に斬新なアイデアを現実のものとしています。

今回ご紹介する3Dプリンターロボット「InMoov」もそんな1つです。制作者は、既存の電子部品と3Dプリンターを駆使することで誰もがどこでも作れるオープンソースのヒューマノイドロボットを開発しています。

Sponsored Links

現在、フランス人のガエル・ランジュバンさんによって開発が進められている3Dプリンターロボット「InMoov」は、腕、手から開発が始まり、胴体と頭までが完成しています。今後は、下半身の開発も行われる予定で、将来的には完全なヒューマノイドロボットになりそうです。

このロボットの素晴らしい点は、誰もが簡単に作れてしまうことにあります。骨格などは3Dプリンターで作られており、そのデータはオープンソースとして効果されています。さらに埋め込まれる電子部品は既存のものが使われており、誰もが入手可能となっています。

映像では、人間のような容姿をした「InMoov」が動きながら音声を発しているのが確認できます。

3Dプリンターを使えば、これほど複雑なロボットでさえ個人で作ることができる可能性が秘められています。また「InMoov」は、複数の大学の研究室から注目を集めているといいます。

今後、オープンソースのロボット開発が複数人で共同で行われるようになれば、専門機関でも作れないような驚くべき成果を出す可能性もありそうです。ウィキペディアが非常に有用なコンテンツとなったように、プロ並の技術を持つ素人たちの力が結集されるのがオープンソースの利点でもあります。

腕の構造

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, ガジェット, デザイン, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)