日本の科学者が魚の思考を可視化することに世界で初めて成功!!考えを読み取ることが可能になる可能性も!?


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

埼玉大学中井淳一教授らのグループと遺伝学研究所川上浩一教授らのグループとの共同研究で、世界で初めて生きた魚(ゼブラフィッシュ)の神経の活動を可視化することに成功しました。魚の思考の様子をとらえた映像をご覧ください。

Sponsored Links

こちらが魚の思考を可視化した映像。脳を光がめまぐるしく動き回っている様子が確認できます。

川上教授らは、遺伝子操作することで脳が発光するようにしたゼブラフィッシュを使い、脳の神経の活動の様子を撮影することに成功しました。これまで神経活動としてリアルタイムに自然な条件下で捉えた例はこれまでありませんでした。

改良を加えて非常に高感度にしたカルシウムセンサーGCaMPを用いることにより、ゼブラフィッシュ稚魚の餌となるゾウリムシが、稚魚の視界の中で泳ぎ回るときの視覚地図上の神経活動を画像可視化することに成功しました。今回の研究は、視覚から入る情報に基づいて動物が行動するとき、脳内の認知プロセスでどのような神経活動が生じているのかを明らかにしていくための端緒になるといいます。

こちらはゾウリムシを見るゼブラフィッシュの脳の活動

ゼブラフィッシュは「ゾウリムシめっちゃ食べたいわ~。あれホンマにめちゃくちゃ食べたいねんな~」と思うと、脳がこんな風に反応します

今回の研究によって、将来的には人間の学習と記憶の反応や喜怒哀楽といった感情といった脳の働きを解明することができるようになるかもしれません。また川上教授は、これまで目に見えなかった思考が目に見えるようになったことが非常に重要なことだと指摘しています。

ゼブラフィッシュがゾウリムシを食べたいと思うと、頭の中はこんな風に反応しているようです。これらの反応を手掛かりに、人間の気持ちや考えも読み取れるようになるかもしれませんね。

参照
参照
参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 動物, 技術・実験, 科学, 自然 タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)