ネット上で『スター・ウォーズ』勃発!!アメリカでオープンソースの「デス・スター」開発計画とそれに対抗するための戦闘機「Xウイング」の開発計画が持ち上がる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ政府の公式サイトに「デス・スター」建設の嘆願書が寄せられが寄せられ、さらにこれに対するアメリカ政府の公式声明が発表されたことをお伝えしましたが、『スター・ウォーズ』はまだ終わっていなかったようです。

資金調達サイト「キックスターター」上で、「デス・スター」をオープンソースで開発するために資金を募る動きと、その「デス・スター」建設計画に対抗するために戦闘機「Xウイング」を開発する動きが起こっています。

Sponsored Links

まさにスター・ウォーズと化している今回の事件が勃発したのは、「デス・スター」をオープンソースで開発する計画が持ち上がったことに端を発します。

この「デス・スター」建設計画は、『スター・ウォーズ』に登場する兵器「デス・スター」を建設することを目的としたもの。デス・スターの建造費は85京2000兆ドル(約679京円)と試算されている建設費用を集めることが目標とされていますが、オープンソース化することで低コストでの建設が行える可能性も提案されています。また最大のリスクはジェダイの騎士が操るフォースだとしています。

またこの「デス・スター」建設計画には、映画では「Xウイング」の一撃で破壊を許してしまった排気ポートをより安全なものにして金網を装備することが提案されています。

ところがこの「デス・スター」建設計画を発見したジェダイの騎士たちは、同様に「デス・スター」に対抗できる戦闘機「Xウイング」を製造するため資金調達サイトで資金を募集し始めました。こちらの調達目標金額は1100万ドル(約10億2800万円)となっており、その資金は「Xウイング」のプロトタイプ製造とパイロットの育成に使われるといいます。

また順調に資金が集まり「Xウイング」が製造できれば、「ミレニアム・ファルコン」の製造を行うとしています。さらにオープンソース化によって、排気ポート以外の弱点を発見することや「Xウイング」にiPhoneのSiriを統合する改良計画を進めるとしています。

「デス・スター」も「Xウイング」も存在していないのに始まってしまった『スター・ウォーズ』。今後、どのように展開していくのかが人類の未来を大きく左右するため注目されます。

参照
参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, 事件・事故, 国際, 建造物, 技術・実験, 文化, 科学, 経営・経済, 芸能 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)