頭は「エイ」で体は「サメ」!?愛媛で不思議な形をした珍魚「シノノメサカタザメ」が水揚げされる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

八幡浜市の市営魚市場に25日、尾がサメそっくりのエイの一種が水揚げされました。ベテラン漁師も見たことがないといい、朝の市場は”珍魚”の話題で持ちきりでした。

Sponsored Links

体長1.8メートル、幅1メートルあるこの魚。頭部は平らで体の前半分はエイのような形ですが、尾びれは棒状ではなくサメのよう縦に長くなっています。熱帯から温帯にかけてに生息する「シノノメサカタザメ」で、名前とは違いエイの仲間。

同市向灘、昭和水産の沖合底引き網漁船が24日昼過ぎ、宮崎との県境辺りを操業中に網に掛け、漁労長の浜田淳二さん(52歳)が持ち帰りました。キャリア30年余りの浜田さんでも「初めて見た」といいます。

同社の宮本洋平専務(36歳)は「大物がかかる時は豊漁なのに、今年はさっぱり」と、うらめしそうに見ていました。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 地域, 自然 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)