眠っていた寝室に深さ18メートルの巨大穴出現!!寝室下が突如陥没しシンクホール出現で住民が吞み込まれる!!捜索が打ち切られて家の解体が始まる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

フロリダ州の警察当局などによると、同州中部タンパ近郊にある民家で先月28日、寝室下の地面が突如陥没して穴(シンクホール)が発生、住民の男性が転落し行方不明となる事件が発生しました。しかし3日、男性が発見されていない状態で捜索は打ち切られ、家屋の解体作業が始まりました。陥没穴に落下したとみられる男性の生存は絶望的とされています。

Sponsored Links

男性の兄弟によると、転落しながら助けを求める叫び声が聞こえて寝室に駆け込んだところ、ベッドやタンス、テレビなど全ての物が消えていたといいます。穴近くでシャベルを使ってがれきなどを掘り出し、兄弟を懸命に捜しましたが、到着した警官隊が寝室の床全体が崩壊する恐れがあるとして現場から引き離したといいます。

被害が起きたのはタンパ近郊セフナーにある1970年代建築の平屋建ての民家で、在宅していた2歳児を含む他の4人は難を逃れていました。

しかし、3日になり男性の捜索は打ち切られ家の解体が始まりました。

現場を取り囲んだ住民らが見守る中、重機によって外壁が取り壊され、家屋は柱やブロックの山と化しました。当局の職員ががれきの中から聖書や軍関係の受賞記念品、玄関近くに掲げられていた星条旗、家族写真などを拾い出して、家族の手に返しました。地元当局者が記者団に語ったところによると、家族らが家財を調べる時間を確保するために3日の作業は約3時間で終了し、4日朝に再開されます。

穴に落下したとみられるジェフ・ブッシュさんの生存は確認できず、当局は2日夜までに捜索を断念しました。

穴は直径約6メートル、深さ約15~18メートルで、さらに拡大しつつあるといいます。地元当局は、地下で何が起きているのかを把握して穴を埋める方法を検討するために、家屋を解体する必要があると説明しました。

フロリダ州政府の環境保護部局によると、地面の陥没や穴の出現は同州で再三起きているとのこと。州は石灰岩などで構成される岩盤上に位置し、酸性の地下水でこの岩盤が浸食され、地上にある建物などの重みを支えきれずに陥没が起きるといいます。

同州議会の上院保険・銀行委員会の報告書によると、今回の災害が起きたヒルズボロー郡は「陥没地区」として知られ、関連事故を受けた保険金請求件数では全体の4分の3を占めているといいます。

参照
参照

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: その他, 事件・事故, 国際, 建造物 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)