ロシアのカーマニアがiPadで運転可能なジェームズ・ボンド風自動車を開発!!離れた場所から遠隔操作可能!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

映画『007』には、主人公のジェームス・ボンドが自動車をデバイスで遠隔操作するシーンが登場します。ところがロシアのカーマニアチームは、iPadで自動車を操作できるシステムを開発してしまいました。

Sponsored Links

このシステムは、iPadのアプリによる操作によって自動車内に設置された装置が動き、離れた場所から自動車を間接的に運転できるというもの。

通常なら、ブレーキやアクセルの内部に直接装置を取り付けて動かしますが、このシステムではハンドルやアクセルを装置によって動かすことで遠隔操作を可能としています。これによって、どのような自動車にもシステムを簡単に導入できるといいます。

簡単に言うと「大きなラジコンカー」とのような自動車ですが、実際に運転してみると上手く走らせることに成功しています。しかし最後には、自動車から煙が上がってしまいました。

開発者によると、今後はインターネットを経由して自動車を運転することを目指しており、寒さによって自動車が故障しなくなる春にテストを行う予定とのこと。

ロシアのカーマニア集団が作り上げたiPadで遠隔運転ができる自動車でした。

『007』のカーチェイスシーン

予備

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, ガジェット, 乗り物, 国際, 技術・実験 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)