ハディン・パリ―が語る「蚊の遺伝子改造と伝染病の克服」 TED


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

毎年、2億~3億件のマラリアと、5000万~1億件のデング熱が世界中で発生しています。そこで何故、これらの原因となる蚊を効果的に駆除することができていないのでしょうか?ハディン・パリー氏が遺伝子工学での魅力的な解決法「オスの蚊を無精子とし、環境に放すことで、病原を運ぶ種を減らす」を説明します。

Sponsored Links

ハディン・パリー氏によると、世界で最も危険な生き物は「蚊」だといい、それはサメやライオンはおろか戦争や疫病よりも多くの人を殺してきたといいます。その理由は、蚊が病気を媒介するためです。そのため病気以上に、病気を媒介する蚊が問題だといいます。

しかしこの蚊は、駆除することが難しく凄まじい勢いで世界中に拡散しているといいます。

そこでパリー氏は、遺伝子を変化させて無精子にした蚊を放つことで、メスの蚊に子孫を残させず、結果的に環境に負荷をかけることなく数を確実に減らせるとといいます。

病気の被害を抑えれば、病院などへの負担も減り、死人も減るため社会的にも経済的にも有益ですね。非常に現実的で効果の高い蚊の駆除方法でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 生活, 科学, 自然, 講演 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)