自分の好きなおもちゃに囲まれた世界各地の子供たちをとらえたおもちゃ子供写真14点


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

イタリアの写真家ガブリエレ・ガリンベルティさんは、世界各国の子供たちが自分のお気に入りのおもちゃに囲まれた写真プロジェクト「Toy Stories」を行っています。今回は、1年半を掛けたそんなプロジェクトの中から、いくつかの写真をご紹介します。

Sponsored Links

ガリンベルティさんによると、豊かな国の子供たちはおもちゃを所有している意識が高く、おもちゃを触らせてもらえるようになるまでに時間がかかったといいます。一方で、貧しい国の子供たちは2つ、3つのおもちゃしか持っていないにも関わらず触れることを嫌がらなかったといいます。また、アフリカではほとんどの子供たちが外で友人たちと遊んでいたといいます。

一方で、おもちゃには貧富に関係なくいくつかの類似点があったといいます。例えば、テキサス州の6歳の男の子とマラウイの4歳の女の子は、夜に自分の身を守るためにおもちゃの恐竜を置いておくという行為を行っていました。

また、おもちゃは生活環境を反映していることが多く、ムンバイの裕福な子供はモノポリー(人生ゲームのようなもの)、メキシコの農村の子供はトラックのおもちゃ、タクシー運転手の子供はミニカーを持っていたといいます。

タイ・バンコク

イタリア・モンテッキオ

ラトビア・リガ

ボツワナ

アメリカ・テキサス州・ブラウンズヴィル

アメリカ・テキサス州・ダラス

ザンビア

中国・瀋陽

マラウイ

マルタ

中国・重慶

ザンジバル

フィリピン・マニラ

スウェーデン・ストックホルム

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, デザイン, 国際, 技術・実験, 文化, 生活 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)