水族館で天敵に襲われずたるんでいたイワシに迫る危機!!緊張感を持たせるためにマグロ軍団投入へ


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2013y03m27d_171439292

最近、名古屋港水族館(名古屋市港区)のマイワシがたるんでいるといいます。渦状になってえさを食べる「マイワシのトルネード」が売りの黒潮水槽にも関わらず、マイワシたちは群れから離れ、はぐれてしまいます。穏やかな環境に慣れたマイワシに活を入れるため、28日に天敵のクロマグロ15匹が投入されることとなりました。

Sponsored Links

日本近海を流れる黒潮をイメージした水槽は、高さ5メートル、幅14メートル。体長20センチほどのマイワシから、1メートル以上になるサメやマンボウまで、自然界で共存している魚が泳ぎます。

黒潮が流れる海は沖合で、マイワシが隠れられる岩陰などがありません。そのためマイワシたちは群れをつくって大きな魚から身を守ります。水槽でも群れで泳いでいましたが、最近、隅の方を1匹で泳ぐマイワシがいることが分かりました。

担当の小串輝さん(46歳)は「『どうせ自分たちは食べられない』と気づき、油断しているのではないか」と話します。

水族館ではこれまでに、マイワシを食べる大型の魚には多めのエサを与えて、マイワシが減らないようにしてきました。この飼育によって、マイワシたちが襲われないことを学習してしまったようです。

以前にもマイワシに活を入れるため、アカシュモクザメやサワラを投入したことがあるそうですが、水温やサメなどが要因でことごとく失敗してきたとのこと。マンボウだけが、唯一マイワシの恐れるものとして残っているといいます。またマグロの投入に失敗した場合には、カジキマグロの投入が検討されています。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 技術・実験, 文化, 生活, 自然 タグ: , , , , , , パーマリンク

水族館で天敵に襲われずたるんでいたイワシに迫る危機!!緊張感を持たせるためにマグロ軍団投入へ への1件のフィードバック

  1. ピンバック: たるんでいたイワシの動きが機敏に!!水族館でイワシに緊張感を持たせるために投入されたマグロ軍団が効果を発揮!! | コモンポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)