ヴァイオリンなのに弦がない!?弓とキーボードで音を奏でることができるレーザーヴァイオリン「O-Bow 5th」


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

研究者のディラン・ジーズさんは、弦の代わりにキーボードを使うという新発想の楽器を開発しました。弓とキーボードによって奏でられるヴァイオリンの音色をお聞きください。

Sponsored Links

このレーザーヴァイオリン「O-Bow 5th」は、右手で動かした弓の動きを光学センサーによって感知し音を鳴らし、左手によって押されたキーボードのキーによって音階が変化するというキーボードとヴァイオリンを融合したようなユニークな楽器です。

使われている弓は木製で、その速さや角度を光学センサーが感知することで強弱などの繊細な音色を再現することができます。

これならキーボードやピアノしか弾けない人も、ヴァイオリンの音色を楽しむことができそうですね。キーボードとヴァイオリンを融合したユニークな前代未聞の楽器でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, ガジェット, デザイン, 国際, 技術・実験, 文化 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)