どう見ても「ゆるキャラ」にしか見えない!!ナスカで人物2人を描いた新たな地上絵が発見される!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

山形大学は12日、世界遺産「ナスカの地上絵」で知られるペルーのナスカ台地で、2人の人物が並んだ地上絵を新たに見つけたと発表しました。この人物絵、どう見ても「ゆるキャラ」にしか見えません

Sponsored Links

左側の人物が、右側の人物の体を切った場面の可能性もあるとしています。

山形大によると、左側の人物は縦約13m、横約7mで頭部が逆三角形。右側は縦約14m、横12mで頭部は円形。右側の人物は頭部と胴体の間に、大きな隙間があります。

ナスカの地上絵というと神秘的で整った形状のものが多いですが、今回の地上絵はとっても可愛らしい「ゆるキャラ」のようにしか見えませんね。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 技術・実験, 文化, 歴史, 科学 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)