アリも就職活動やコミュニケーションで苦労していた!?アリは年齢に合わせて仕事を変えている可能性が明らかに!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

現代では、失業、就職活動、自分のキャリアなど転職に関することで悩む人が多く、その問題はコミュニケーション能力などが原因となっていますが、どうやらそんな転職の悩みは現代人に限ったことではなかったようです。

スイスのローザンヌ大学の研究によると、アリは生まれてから死ぬまでの間に成長に合わせて仕事を何度も変えていることが分かりました。

Sponsored Links

ローザンヌ大学のローラン・ケラー博士率いるチームは、6年間にも及ぶプロジェクトでアリの転職の実態を解明しました。

チームは6つのコロニーにいるアリから150匹ほどを選抜し、1匹1匹のアリに個体を認識するためのタグを付けて、その活動を6週間にわたって0.5秒ごとに撮影。アリの行動がどのように変化したのかを調べました。

調査の結果、アリには「1.女王と卵を世話する看護婦」「2.巣の中の掃除係」「3.巣の外に出て食べ物を集める食料調達係」の3つの社会集団に分かれていることが分かりました。

アリたちは1年間という寿命の中で、この3つの職業の中を転職していました。また古株の看護婦や新人食料調達係といったアリが存在しており、年齢に合わせて職業を変えている可能性があるといいます。

またこの職業グループは社会性をもっており、別のグループに属するアリと関係性を持たず、自分のグループに属するアリだけとコミュニケーションを図っていることが分かりました。また自分のグループ以外のアリと混ぜても、自分のグループに固執したといいます。

このような社会性は、アリ以外にもハチで確認されています。ミツバチの場合は年齢に合わせて転職が行われますが、ケラー博士は今後、このミツバチの年齢に合わせた転職システムがアリにも働いているのかを引き続き調査するとしています。

アリも転職やコミュ力で苦悩しているのかもしれませんね。これらの転職問題は、社会性を持つ生き物の宿命なのかもしれません。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 科学, 経営・経済, 自然 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)