感電するとき交流と直流のどちらの方が痛いのかを体を張って試した実験動画が面白い!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

時間によって大きさが変化しても流れる方向(正負)が変化しない電流「直流電流(DC)」と、時間とともに周期的に大きさと向きが変化する電流「交流電流(AC)」。子供のころ理科の実験で習いましたよね。

今回は、この2つの電流のどちらの方が感電したときに痛いのかを調べた実験動画をご紹介します。果たして直流と交流のどちらが痛いのでしょうか。

Sponsored Links

この実験では、電極を舌に付けて感電させ、徐々に電圧を上げていくというものです。

まずは「直流電流(DC)」から始めますが、顔を歪めながら感電の痛みに耐え続け最終的に12ボルトまで耐えることに成功しました。

次に「交流電流(AC)」を試してみますが、こちらは痛みが強いようで6ボルト程度の電圧で限界に達してしまいます。

実験の結果、どうやら感電したときには直流電流よりも交流電流の方が痛いようです。もし感電しなければならない場面に遭遇したら、迷わず直流電流を選びましょう。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)